Contents

サステナブル・ラベルを知ろう !

森林管理協議会

Forest Stewardship Council®(FSC®)

森の動植物、地域の人々に配慮し、将来も豊かな森を維持できるように管理された森の木材が使われていることを証明する。

FSCは、世界中の森林が急速に破壊されている状況を食い止めるために、1994年に26カ国の環境NGO・林業者・林産物取引企業・先住民団体などが中心となって設立しました。現在はドイツのボンに国際事務局を置き、世界47カ所の現地事務所が、環境保全の点で適切かつ社会的な利益にかない、経済的に継続可能な責任ある森林管理を普及させることを目的に活動しています。

FSC認証とは、FSCが定めた規格をもとに、適切に管理されていると認められた森林から生産された木材や、その木材を使用した製品にFSCラベルを付け、認証製品として販売できる制度です。FSCラベルを目印に認証製品を選んで購入することで、認証された森林資源への需要が高まり、適切に管理された森林の拡大につながります。

FSC認証は、森林の管理を認証するFM認証と、加工・流通過程の管理を認証するCoC認証の連鎖から成り立っています。FSC認証製品が消費者の手に届くまでには、最終製品になるまでの生産、加工、流通に関わるすべての組織が認証を受けなくてはなりません。また、FSC認証の審査・発行は、FSCではなく独立した第三者の認証機関が行います。

設立年

1994年

認証取得件数

【世界】FM認証林面積 201,774,986ha CoC認証取得件数 35,223件
【日本】FM認証林面積 404,339ha CoC認証取得件数 1,370件
(2018年10月1日時点)

認証対象品目

紙製品(ノート、トイレットペーパー、ティッシュ等)、木製品(建材、家具等)

団体ウェブサイト

https://jp.fsc.org

ラベルのパターン

FSC100%:FSC認証林からの原料を100%使用している製品に付けられる。
FSCミックス:FSCが認めている適格な原材料(FSC100%、FSCミックス、FSCリサイクル、FSC管理木材、回収原材料)が複数使用されている製品に付けられる。適格な原材料間には優劣が付けられており、例えばパーセンテージシステムに基づいて生産される製品の場合、FSC100%等の優位な原材料が70%以上使用されなければFSCラベルは付けられない。
FSCリサイクル:回収原材料を100%使用している製品に付けられる。木材製品の場合は、回収原材料の70%以上がポストコンシューマー(きちんと消費者の手に渡り、使用されてから回収された原材料)である場合に付けられる。

  • FSC100%

    FSC100%

  • FSCミックス

    FSCミックス

  • FSCリサイクル

    FSCリサイクル

他のラベルを見る