Contents

サステナブル・ラベルを知ろう !

Organic Content Standard(OCS)

原料から最終製品までの履歴を追跡し、その商品がオーガニック繊維製品であることを証明するマーク。

オーガニックテキスタイルのためのOrganic Content Standard認証は、オーガニック繊維を含む製品の生産・製造に対する認証です。原料の収穫から、認証製品ができるませの全ての工程(工場、加工所、倉庫)において、製品の混合や汚染がないように整えられた管理体制、製品のオーガニック繊維の含有率を最終消費者へ保証する基準です。

認証取得件数

3643社(2017年12月時点)

認証対象品目

繊維製品

団体ウェブサイト

https://textileexchange.org/(英語サイト)

ラベルのパターン
  • OCS 100 :原料は95%以上がオーガニック

    OCS 100 :原料は95%以上がオーガニック

  • OCS Blended :原料は5%以上95%未満がオーガニック

    OCS Blended :原料は5%以上95%未満がオーガニック

認証取得方法

認証取得へは次のような流れになります。①認定された認証機関を探す ②申し込みをする ③審査スケジュールを決める ④生産現場に審査に行く ⑤課題があった場合は解決に向けて取組む ⑥審査結果を受取る、です。認証機関は発注する企業の所在地か生産地で、探していただくことになります。現時点で日本で審査が可能な認証機関はControl Union JapanとEcocert Japanの2社があります。

他のラベルを見る