Contents

サステナブル・ラベルを知ろう !

海洋管理協議会

Marine Stewardship Council(MSC)

持続可能で環境に配慮した漁業を認証する漁業認証と、サプライチェーン内で認証水産物と非認証水産物を確実に分別するためのCoC認証から成る。認証水産物にはMSCエコラベル(海のエコラベル)を表示できる。

MSC認証は、「漁業認証」「CoC*認証」の2種類から成り、漁業がMSCの「持続可能な漁業のための原則*」を満たして「漁業認証」を取得し、認証された漁業で獲られた水産物を、流通~製造・加工~販売のすべての過程において「CoC認証」を取得した企業が適切に管理をすることで、認証水産物のみにMSCエコラベル(海のエコラベル)の表示が可能となります。*CoCとは、Chain of Custody(管理の連鎖)の略で、認証水産物が消費者の手に届くまで「認証」チェーンをつなぐことで、認証自体の信頼性を支えています。*「持続可能な漁業のための原則」は、「資源の持続可能性」、「漁業が生態系に与える影響」、「漁業の管理システム」の3つから成ります。

設立年

1997年(日本事務所は2007年)

認証取得件数

認証取得漁業数(2018年10月23日現在)世界359、日本4
CoC認証取得企業数(2018年10月23日現在)世界4446、日本190

認証対象品目

天然魚漁獲漁業、認証取得漁業で獲られた水産物

団体ウェブサイト

https://www.msc.org/jp

ラベルのパターン
  • 縦バージョン

    縦バージョン

  • 横バージョン

    横バージョン

他のラベルを見る